エアコン取り付け工事の前に準備しておくべきこととは

エアコンを購入する際に、エアコンの性能はしっかり確認されることと思います。しかし、エアコンの室内機、室外機を設置する場所の選び方、設置の仕方が、エアコンの性能を最大限に発揮させるための重要なポイントとなるのです。そして、その設置する場所を選ぶためにエアコン取り付け専門業者も交えた入念な準備が必要になってきます。このサイトではエアコン取り付け前に準備するべきことを解説させていただきます。

エアコン取り付け環境の確認

業者冷暖房がより効率的に行われる室内機、室外機の設置場所というものがあります。部屋が長方形の場合、室内機は、部屋の長辺ではなく、短辺に取り付けましょう。室内機から出る冷風や温風が長い時間に亘って吹き出し、部屋の隅々まで行き渡るようになります。次に、部屋にある窓にエアコンから出る風が当たるように室内機を設置しましょう。暑さや寒さは窓から入って来ますので、窓の近くの空気を冷やしたり温めたりすることで効率的に冷暖房が行えるのです。

また、室内機から出てくる冷たい風や温かい風が人体に直接当たると体調悪化の原因にもなり得ますので、風が人に直接当たらない場所を選びましょう。室外機も設置場所によってエアコンの効きに差が出てきます。まず室外機は日が当たらない日陰に設置することが大切です。なぜなら、直射日光などに室外機がさらされると冷却機能が低下してしまうからです。次に、風通しのよい場所を選ぶようにしましょう。風通しが悪い場所だと、室外機が排気した熱風を再度吸い込んでしまい冷暖房の効率が落ちる可能性があるのです。

エアコン取り付け可能かどうか、寸法を確認する

エアコンの性能が最大限に発揮される場所を見つけることができたら、そこに購入を考えているエアコンの室内機を設置するスペースが確保できるかどうかを確認しましょう。エアコンの室内機を設置したために部屋のドアが開くなったりしたら大変です。周囲の環境もしっかり考慮に入れて室内機を取り付ける場所を決めましょう。

思いのほか設置スペースが狭く、購入を考えているエアコンを取り付けるのが難しい場合でも、最近は小型のエアコンが販売されているのであきらめずに取り付け可能サイズのエアコンをさがしてみましょう。次に室外機を取り付ける場所を考えましょう。エアコンのカタログには、「最大高低差」と「配管の長さ」が記されています。その範囲内で室外機の設置が可能な場所を選びましょう。室内機と同じく、室外機のサイズと、設置をしたい場所の寸法を数字で確認するようにしましょう

エアコン取り付けをしてくれる専門業者との打ち合わせ

エアコン取り付け工事当日にできるだけスムーズに作業が進むよう、専門業者との事前打ち合わせは綿密に行いましょう。事前に確認し専門業者に伝えておくべきことの第1は、エアコンのメーカー、モデル番号、サイズ、そして台数です。第2に、エアコンの室内機と室外機を設置したい場所となります。できるだけ詳しく説明するようにしましょう。

次にエアコンを取り付けたい家は集合住宅か一戸建てか、そして持ち家か賃貸かも伝えておくことが必要です。その際、エアコンの配管を通す穴がすでに開いているかどうかを確認の上、伝えましょう。もし穴がまだ開いていない場合は、木造かコンクリートかなど、壁の材質を確認します。

また、エアコン専用のコンセントがすでに設置されているかどうか、もしコンセントがある場合は、例えば今回取り付けたいエアコンが200Ⅴの機種の場合、コンセントの電源も200Ⅴになっているかどうかも知っておきたい点です。もしエアコンを取り付けたい部屋の電源が100Ⅴであれば、100Ⅴから200Ⅴへの変換工事が必要になります。

さらに、新しいエアコンのコンセントプラグが部屋のコンセントの形状に合致しているかどうかも大切なポイントです。もし合致していない場合はコンセントの変更工事をしなければならないからです。そしてエアコン取り付け以外に希望する工事があるかを知っておきましょう。例えば古いエアコンの撤去や処分、室内や室外の配管を隠すための化粧カバーは必要かどうかなどです。最後に、取り付け工事希望日、希望時間をイメージしておきます。もし可能であるならば、室内機、室外機を設置したい場所、新しく設置したいエアコン、コンセントなどの写真も送っておけば、専門業者も状況を理解しやすく、準備もしやすいです。

エアコン取り付け工事当日のために

エアコン取り付けのピークは6、7月と言われています。エアコンがまだ動いていない部屋はとても暑いので、エアコン取り付け工事にきてくれた専門業者の方のために扇風機を回してあげると喜ばれます。こういう気遣いで、専門業者の方も気持ちよくお仕事をして下さるでしょう。室内機や室外機の取り付け場所付近は作業を行うことができるように家具などは移動して作業スペースを作っておくとスムーズですね。