エアコン取り付けを窓の上にする際の注意点

エアコンを部屋の中に取り付ける際には窓の上に設置することが多いです。部屋の中にあるエアコンを思い浮かべてみれば、窓の上にあるのを思い出すことでしょう。それは窓の上という場所がエアコンを設置するには理想的な環境となっているからなのです。それにはさまざまな理由があります。

ただし、窓の上に設置する際には注意しておかなければいけないこともあります。こちらではエアコンを部屋に設置する際に窓の上に設置することについてのポイントをまとめました。エアコンをどこに設置するべきか迷っている方が多いでしょうが、窓の上というのは多くの方が選択している場所なのです。この場所に設置する際に注意するべき点についても教えましょう。

窓の上が好ましい理由

エアコンどうしてエアコンを窓の上に設置するのが良いのでしょうか。それはこちらに設置することによって、部屋をより効率よく涼しくすることができるからです。冷気というのは下に下がっていくという性質があります。そして、エアコン本体が窓の上にあるならば、窓から部屋に伝わってくる熱を吸い込みながらそれを冷気に変えて部屋に涼しい風を送り出すことができるのです。冷蔵を効率よく動かしたいならば、窓の上にエアコンを設置するのはとても望ましいのです。

スペースに注意

窓の上に設置するというケースは多いのですが、そのためにはある程度のスペースが必要となります。たとえば、エアコンは周囲と5cm以上のスペースがあるところに設置しなければいけません。そうしないとうまく空気を取り込むことができなくなるからです。天井が低い家の場合には、窓の上のスペースが限られてしまうため、そこにエアコンを設置することが困難になってしまう場合があるのです。もちろん、小さなサイズのエアコンであれば設置できることもありますが、その場合はエアコンの費用が高くなり、効率も悪くなってしまうかもしれません。

カーテンレールに注意する

最近のエアコンというのは吹き出し口が下に開いているようなタイプのものが増えています。このようなタイプのエアコンだと吹き出し口がカーテンの上部に引っかかってしまうケースがあります。そのため、カーテンレールの位置を下げなければいけないケースもあります。窓の上に設置する場合にはカーテンレールについても意識をしなければいけないのです。窓から天井までの高さが低い場合にはこのような問題が生じる可能性があるため注意しましょう。

機種選びに注意する

最近の日本の住宅というのはどんどん窓が大きくなっています。窓の上の天井部分が出っ張っているような構造になっている家も増えています。そのため、窓の上のスペースにエアコンを設置しにくいケースがあります。限られたスペースしかないため、コンパクトなサイズのエアコンしか設置できないという住まいは多いでしょう。このような状況となっているため、メーカーの方ではよりコンパクトなサイズのエアコンを開発しています。最新のエアコンであれば、窓の上の空間が限られていたとしても問題なく設置できるかもしれません。窓の上に設置できるか不安の方はそちらをチェックしてみましょう。

まとめ

エアコンはどこに設置をするのかが大きな問題となりやすいです。適切な場所に設置することによって、部屋の中をどんどん効率よく快適な室温にしていくでしょう。そのために窓の上というのはベストな場所といえるのですが、さまざまな問題が生じることもあります。上記を参考にして問題を解決しながら窓の上にエアコンを設置しましょう。窓の上の空間が限られていたとしても対処することができるかもしれないのです。エアコン取り付けを窓の上に問題なくできるようなコンパクトなエアコンもたくさん登場しています。